医療法人社団恵泉会 昭和医院

小児科,内科

〒210-0825 神奈川県川崎市川崎区出来野7-20
TEL 044-288-3381

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

お知らせ

健診及び予防接種のお知らせ

健診及び予防接種を下記の通り行います。
日時 11月16日(金)15:30~18:00
場所 昭和医院分院(すずの木薬局2階)
(ご不明な点は昭和医院へお問い合わせください)
 

 

診療時間変更のお知らせ

4月より保健所検診の為、午後の診療時間を変更させていただきます。(午前は通常診療)
平成30年4月~平成30年11月、平成31年1月~平成31年3月の第4火曜日
診療時間午後3:30~午後6:30
平成30年12月第3火曜日
診療時間午後3:30~午後6:30

 

~食中毒に注意しましょう!!~

夏に向けて気温や湿度が高くなると、細菌による食中毒の発生が多くなります。
カンピロバクターを原因とする細菌性食中毒は、近年発生件数が非常に多く、国内では年間約250~350件、患者数は約1,500~3,000人程度にも上ります。

カンピロバクターとは?

家畜からペットまで多くの動物が腸管内にカンピロバクターを保菌しています。
●感染経路:汚染された食品や水を介する経口感染。市販の鶏肉の約4割が汚染されているといわれています。
●潜伏期間:2~5日間
●症状:下痢、血便、腹痛、発熱、嘔吐など。多くは1週間ほどで回復。乳幼児や高齢者、抵抗力の弱い方では重症化する危険性もあります。
※感染して数週間後に、ギラン・バレー症候群を起こす可能性があることが知られています。

平成27年原因細菌別食中毒発生状況(全国)

・カンピロバクター(2,089人)
・サルモネラ属菌(1,918人)
・ブドウ球菌(619人)
・ウェルシュ菌(551人)
・その他の病原大腸菌(362人)
・腸炎ビブリオ(224人)
・腸管出血性大腸菌(VT産生)(156人)
・セレウス菌(95人)
・その他の細菌(15人)

ギラン・バレー症候群
感染などをきっかけとして、全身の麻痺がみられる疾患です。
原因となる感染症の約30%がカンピロバクターといわれています。

 

春先にかけて要注意!~ロタウイルス胃腸炎~

例年、3月から5月にかけて、乳幼児を中心に「ロタウイルス」を原因とする胃腸炎が流行します。ロタウイルスは非常に感染力が強く、10~100個のウイルスが口から入るだけで感染します。
日本では、2種類のロタウイルスワクチンが承認されており、いずれも生後6週から接種(任意接種)を受けることができます。


感染するとどんな症状がでるの?

2~4日の潜伏期間の後、水のような下痢や嘔吐(おうと)が繰り返し起こります。重い脱水症状が数日間続くこともあり、合併症として、けいれん、脳症などに注意が必要です。
意識の低下やけいれん等の症状が見られたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

 

駐車場のご案内

すずの木薬局の隣に昭和医院の駐車場がありますのでご利用したい方は受付に申し出て下さい。

 

特に乳児は要注意!!~RSウイルス感染症~

RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)は、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。RSウイルスは世界中に分布しており、日本では例年12月を中心に流行します。今年は、全国及び川崎市において、例年を越える勢いで患者数が増加していますので、注意が必要です。

どんな症状が出るの?

RSウイルスに感染すると、2~8日の潜伏期間をおいて、発熱、鼻汁などの症状が数日続きます。多くのお子さんは、鼻汁などの上気道炎症状のみで数日のうちに改善しますが、初めて感染する乳幼児の約3割では咳などが悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが出現します。特に生後1か月未満の乳児では無呼吸発作を起こすこともあり要注意です。
 

重症化リスクの高い基礎疾患を有する小児(特に早産児や生後24か月以下で心臓・肺・神経・筋疾患や、免疫不全の基礎疾患がある小児等)や、生後3か月以内の乳児は特に注意が必要です。


~手洗い・マスクを徹底しましょう~

 

マイコプラズマ

マイコプラズマとは、Mycoplasma pneumoniaeの感染によって発症する肺炎です。
とくに6~12歳の小児の間で発生頻度の高い感染症の一つです。
潜伏期は2~3週間とされ、飛沫感染します。
現在、ワクチンがありませんので、人ごみは避ける、
手洗いうがいを心がける、鼻をかんだ手を洗うなどの予防が必要です。

 

花粉症でお悩みの方、お気軽にご相談下さい。